JP-Secure Labs(ジェイピー・セキュア ラボ)では、企業理念である「誰にでも簡単に、安心して利用できるIT社会の実現」に向けて、ウェブサイトのセキュリティを重点分野と位置づけ、脆弱性や攻撃手法、対策技術に関する調査・研究・開発を行っています。

蓄積した技術や情報を自社製品・サービスの向上に生かすだけでなく、より多くの方のセキュリティ向上に貢献するべく、有益な情報発信にも取り組んでいます。

主な活動内容

  • 独自アンテナシステムによる脆弱性情報の収集
  • 攻撃手法の調査、検証
  • ハニーポットを活用した攻撃状況の定点観測
  • 協業パートナーとの連携によるセキュリティログの分析
  • セキュリティ動向に関するレポート発信
  • 自社製品・サービスの向上を目的とした技術開発
  • 無償セキュリティツールの開発

JP-Secure Labs Report

SiteGuardシリーズをセンサーとして収集した検出ログをもとに、ウェブサイトに対する攻撃傾向を分析したレポート「JP-Secure Labs Report」を公開しています。
ユーザー数40万超のレンタルサーバー環境のサイトを分析対象に、SQLインジェクションをはじめとするウェブアプリケーションに対する攻撃の動向だけでなく、世界的に高いシェアを誇る「WordPress」などのCMSに焦点をあて、攻撃傾向の分析に加えて対策方法をご紹介している点が特長です。

JP-Secure Labs Report Vol.01【外部サイト】

【2018年2月23日公開】
「ウェブサイトを取り巻く脅威と対策
~リアルログから読み解く日本国内におけるWordPressセキュリティの現状~」

※イード社ウェブ媒体「ScanNetSecurity」からのダウンロードとなります。

JP-Secure Labs Report Vol.02

【2018年9月5日公開】
定点観測(ハニーポット)で収集した情報の分析、不正アクセスの傾向と対策についての解説を追加。

 

SiteGuardシリーズに関するお問い合わせはこちら044-201-4036受付時間:平日9:30~17:30

お問い合わせフォーム ご質問や資料請求、評価版など