ウェブサイトには外部からの不正アクセスによる情報流出やサイト改ざんなどの脅威が存在します。昨今の高度なサイバー攻撃からウェブサイトを保護するには、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の活用が有効です。

WAFを導入することで、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)、OSコマンドインジェクション、ディレクトリトラバーサルなど、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃からウェブサイトを保護することができます。

WAF

Checkマーク
GUARDIAX 導入スタートアップキャンペーン実施中

GUARDIAXキャンペーン

 

GUARDIAX SaaS版について

「GUARDIAX SaaS版」は、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用するサイバー攻撃からウェブサイトを保護するクラウド型WAF製品です。クラウド上に構築されたグレスアベイル社のWAF環境をSaaS(Software as a Service)として提供されるため、追加のハードウェアやソフトウェアを用意する必要がありません。

GUARDIAX Saas版

 

簡単導入

「GUARDIAX SaaS版」は、DNS設定の切替でWAFを導入できるため、ご利用のクラウド環境やオンプレミス環境、ウェブサイトの環境を選ばずにご利用いただけます。

GUARDIAX導入

 

GUARDIAXの防御機能

DDoS対策もセットで多層防御を実現

「GUARDIAX SaaS版」は、キャリアバックボーンを使用したGUARDIAX SaaS Anti-DDoSによるDDoS対策を標準提供しています。GUARDIAXだけで、WAF/DDoS対策を実現可能です。

GUARDIAX防御機能

 

さらに「GUARDIAX SaaS版」では、GeoIP機能による国別フィルタ、EC-CUBEに対応した防御ルールも利用することができます。

GeoIP機能による国別フィルタ

国別での通信許可/拒否のアクセス制限が可能です。

EC-CUBE防御

ECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」の運用に適したルールを標準提供しています。

GUARDIAXの管理機能

シンプルで分かりやすい管理画面

直感的に操作できるUI/UX、画面操作による簡単なシグネチャ設定、攻撃内容の詳細まで確認できるログ画面を利用することができます。GUARDIAX標準のベースシグネチャの利用だけでなく、目的に合わせてお客様ご自身でカスタムシグネチャ(※)を作成することも可能です。

※カスタムシグネチャ:IPアドレスによるホワイトリスト作成、パスやパラメータ指定によるシグネチャの除外設定等のルールを作成できます。

GUARDIAX管理画面

サイト毎に柔軟な設定が可能

防御設定、カスタムシグネチャの作成、国別での通信許可など、各種設定をサイト毎に行うことができます。

GUARDIA詳細設定

 

サービスに関するご質問や資料請求、トライアルのお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

 

    お名前 ※必須

    貴社名 / 団体名 ※必須

    部署名

    メールアドレス ※必須

    電話番号(半角) ※必須

    お問い合わせ内容 ※複数選択可
    機能や価格の確認資料請求評価版御見積その他

     個人情報の取り扱い方針(こちら)に同意します。